バルトレージュ井伏詩人のブログ

書こうと思ったことを適当に書いてます

井伏詩人、指名に至るまでを章毎にした物語 悪魔編

第一章


~恵、井伏詩人を知る~



恵「はー大阪に来て1ヶ月!一人暮らしにも慣れてきたけど…彼氏がほしいー!
でも職場の人達ってくたびれたおじさんや、同性ばかり…
面白くて、声がよくて、知的で、よく笑う、本好きなイケメンに癒されターイ!」







…でもそんな人ってまず中々出会えないし…
都合よくその辺にいるわけないよねー
逆ナンなんてハードル高いし…






恵「こういうとき彼氏をレンタルしたり、ホストをデリバリーしたりするサービスがあればなぁ!」



恵「そういうときこそGoogle先生!そういうサービスってないの?」

Google「検索中…」


恵「来た!デリバリーホスト?へーこんなサービスが…ん?バルトレージュ?確か、美しき森って意味だったよね…なんだか素敵!ここでイケメン探してみよう!」


恵「へー全国に多数のホストさんが在籍されていて、私がすむ近畿地方にもホストさんが!
ん?井伏詩人?この人なんだか気になるかも…ちょっと見てみようっと!」




f:id:inuinv:20180303205336j:plain





恵「目が死んでる!何でこの人この写真をパネルにしたんだろ!
おもしろい!決めた!井伏詩人さんにしよう!」





お問い合わせにより気づきました。なぜこの写真をパネルにしたのか…早めに変えます
指摘してくださった方、ありがとうございます




恵「でも私人見知りだし、知らないイケメン過ぎるかっこいい男子にメールなんて緊張するなぁ…
そういえば、問い合わせしただけで指名料とられたり、指名をしなければならなかったりするのかなぁ…なんだか不安…

誰か私の疑問を解決してー!」




?「だったら俺に任せなぁ!」




恵「その声は?⁉」




元「俺の名は…元ホスト!ここで昔働いていた人間さ!」




恵「なんて頼もしいの!なら私の…メールをしただけで指名をしなければならなかったりするのかと言う疑問にも…?」




元「勿論!

まずメールをしたら指名をしろなんてことにはならない!
メールによる料金の徴収等はないから安心しな!

さらに、!人見知りとかメールの内容なんて!気にしなくていい!なんなら本当に適当でいい!

例えば、

「おなかがすいた」

「寂しいから相手して」

「面白いこと言って」(下ネタになったらごめんなさい)
「かっこいいね」「好きな音楽は?」「私のことどう思う?」等々…


何でもいいんだ!

むしろこれに華麗に返せなかったらホスト失格!

私が直々に首をはねてやろう!」


恵「そこまでしなくても…



元「さらに言えばホストとしても仲良くなってからの方が安心できる!
だから一通目がいきなり指名に関わることじゃなくても全然OK!
気楽に送れ!」

恵「そうなんだ…わかった!私も送る!


えーと



件名 かっこよすぎて気になりました


こんばんわ😃恵と申します(*^^*)

プロフィールを拝見させていただきました(*_*)

よかったら井伏さんのこと知った後に、気が合えば指名したいと思います😁


よかったら返信ください(*_*)」


恵「これでOK…

よし!後は返信を待つだけ!」



元「ホストにも生活はある!直ぐには返せないかもしれない…だから気長に待て!といっても遅すぎるようじゃぁホスト失格!

そんなやつは絞め殺して埋めてやる!」


恵「そこまでしなくても…わかった!とりあえず待ってみるね!ありがとう元ホスト!」




~井伏詩人にメールを送った恵…果たして連絡は来るのか?‼
次回井伏詩人に100の質問をしてみた~